ConfigFree(TM) プロファイルを設定してみよう

ConfigFree™を使って、ネットワーク設定やネットワークデバイスの設定をプロファイルに保存しておこう!
複数のネットワーク環境を利用する場合、ConfigFree™を使ってそれぞれのネットワーク設定をプロファイルとして保存することができます。
オフィス、自宅、外出先のネットワーク環境でネットワーク接続することを想定して、それぞれの環境で最適なネットワーク接続をするための設定をしてプロファイルを作成します。
次の項目について、ConfigFree™を使ってプロファイルを作成する操作について説明します。

  1. オフィスのネットワーク環境に接続してプロファイルを作成する
  2. 自宅のネットワーク環境に接続してプロファイルを作成する
  3. 外出先からダイヤルアップで接続するプロファイルを作成する
     
1 オフィスのネットワーク環境に接続してプロファイルを作成する
”プロファイルとは?”のページで確認した「オフィスでのネットワーク設定」を保存するプロファイルを作成してみましょう。
 プロファイル”オフィス”
左メニュー:プロファイル-”追加”をクリック ●プロファイルの追加画面を起動する
1 タスクトレイのConfigFreeアイコンアイコンを左クリック
2 ”プロファイル”に カーソル移動
3 ”追加”をクリック
次の画面

プロファイルの作成について ●「プロファイルの作成について」の
説明が表示
プロファイルがまだ作成されていない場合のみ、この画面が表示されます。
次の画面

プロファイル追加画面 ●プロファイルを作成する
1 プロファイル名を入力する(必須)
作成するプロファイルの名前を入力します。
ここでは“オフィス”と入力します。
  
2 コメントを入力する
プロファイルのコメントを入力します。
ここでは”オフィス環境のネットワーク設定”と入力します。
  
3 「変更」ボタンをクリックしてアイコンを選択する
「変更」ボタンをクリックすると、アイコンの選択画面 が表示され好きなアイコンを選択できます。
ここでは椅子アイコン を選択 します。
  
4 キャプチャアイテム(設定項目)を選択する
「インターネット設定」、「デバイス」、「TCP/IP設定」、「プリンタ」にチェックを入れ、「ダイヤルアップ接続」のチェックは外します。
  
5 自動切り替え設定
無線LANネットワークで設定している場合に表示されます。
  
6 “切り替え後、起動するプログラム”を設定する
「参照」ボタンをクリックして、起動するプログラムを選択します。
ここでは、インターネットエクスプローラが起動するよう設定します。
(WindowsXPの場合、C:\Program Files\Internet Explorer\IEXPLORE.EXEを入力します)
  
7 [OK]ボタンをクリックする

メモ 6 「切り替え後、起動するプログラム」について
プロファイルが切り替わった後に、この項目で設定するプログラムが起動します。設定する方法は次のようになります。

プログラムを指定
実行するプログラムの場所と名前を入力します。場所や名前がわからない場合は、[参照]ボタンをクリックします。
例:explorerを起動する場合、以下のように入力します。
C:\WINDOWS\explorer.exe (WindowsXPの場合)

ファイル名を指定
開きたいファイルの場所と名前を入力します。対応するアプリケーションが起動し、ファイルが開きます。
例:C:ドライブのルートに作成されている”文書.doc”を起動する場合、以下のように入力します。
C:\文書.doc

サイトのアドレス(URL)を指定
URLを入力します。インターネットのブラウザが起動し、指定したサイトにアクセスします。
例:URLを以下のように入力します。
http://dynabook.com/

プログラムとパラメータの両方を指定
パラメータを指定してアプリケーションを実行できます。アプリケーションはダブルクォーテーションマーク (")で囲んでください。その後ろにパラメータを記述します。
例:メモ帳でテキストファイルを開く場合、以下のように入力します。
(アプリケーションはnotepad、パラメータはファイル名:c:\program files\toshiba\ConfigFree\readme.txt になります。)
"notepad" c:\program files\toshiba\ConfigFree\readme.txt


<左メニュー>作成したプロファイルの確認 次の画面
●作成したプロファイルを確認
1 タスクトレイのConfigFreeアイコンアイコンを左クリックして表示される一覧に、“オフィス”が作成されています。

  <左メニュー> プロファイルの”詳細”をクリック ●プロファイルの詳細を確認する
 
1 タスクトレイのConfigFreeアイコン アイコンをクリックする
2 現在選択中(チェックがついている)のプロファイルにカーソルを移動する
3 “詳細”をクリックする
  次の画面

詳細画面 <ConfigFree™(詳細)>画面が表示される。
左側のウィンドウに、作成されているプロファイルが表示され、それぞれキャプチャした設定がアイコンで表示されています。 アイコンを選択すると、右側のウィンドウにその詳細情報が表示されます。

先頭へ

2 自宅のネットワーク環境に接続してプロファイルを作成する

自宅のネットワーク環境でPCにネットワーク設定をして接続させます。自宅のネットワーク設定を保存するプロファイルを作ってみましょう。
プロファイル”自宅”

<左メニュー> プロファイル-”追加”をクリック プロファイルの追加画面を起動する
1 タスクトレイのConfigFreeアイコンアイコンをクリックする
2 ”プロファイル”にカーソルを移動する
3 ”追加”をクリックする
次の画面

プロファイル追加画面 プロファイルを作成する
1 プロファイル名を入力する(必須)
作成するプロファイルの名前を入力します。

ここでは”自宅”と入力します。

  
2 コメントを入力する
プロファイルのコメントを入力します。
ここでは”自宅環境のネットワーク設定”と入力します。
  
3 [変更]ボタンをクリックしてアイコンを選択する
[変更]ボタンをクリックすると、アイコンの選択画面が表示され、好きなアイコンを選択できます。

ここでは自宅アイコン を選択します。
  
4 キャプチャアイテム(設定項目)を選択する
  
5 自動切り替え設定
無線ネットワークで接続しているので、ネットワーク名(SSID)が表示されています。
  
6 ”切り替え後起動するプログラム”を設定する
[参照]ボタンをクリックして、起動するプログラムを選択します。

ここでは、お気に入りのインターネットのサイトのアドレス(URL)を指定します。
(http://dynabook.com/
を入力します)
  
7 [OK]ボタンをクリックする

<左メニュー>作成したプロファイルの確認 次の画面
作成したプロファイルを確認する
タスクトレイのConfigFreeアイコンアイコンをクリックして表示される一覧に、”自宅”が作成されています。


先頭へ

3 外出先からダイヤルアップで接続するプロファイルを作成する

外出先からダイヤルアップでネットワークに接続するためのプロファイルを作っておきましょう。
プロファイル”外出先”

左メニュー: プロファイルの”追加”をクリック プロファイルの追加画面を起動する
1 タスクトレイのConfigFreeアイコンアイコンをクリックする
2 ”プロファイル”にカーソルを移動する
3 ”追加”をクリックする
次の画面

プロファイル追加画面 プロファイルを作成する
1 プロファイル名を入力する(必須)
作成するプロファイルの名前を入力します。
ここでは”外出先”と入力します。
  
2 コメントを入力する
プロファイルのコメントを入力します。ここでは”ダイヤルアップでネットワークに接続”と入力します。
  
3 [変更]ボタンをクリックしてアイコンを選択する
[変更]ボタンをクリックすると、アイコンの選択画面が表示され、好きなアイコンを選択できます。 ここではカバンアイコンを選択します。
  
4 キャプチャアイテム(設定項目)を選択する
  
5 自動切り替え設定
無線LANネットワークで接続している場合に表示されます。ここでは無線デバイスが無効なので設定できない状態です。
  
6 ”切り替え後起動するプログラム”を設定する
[参照]ボタンをクリックして、起動するプログラムを選択します。

ここではお気に入りのインターネットのサイトのアドレス(URL)を指定します。
(http://dynabook.com/を入力します)
  
7 [OK]ボタンをクリックする

左メニュー:作成したプロファイルの確認 次の画面

作成したプロファイルを確認する
  
タスクトレイのConfigFreeアイコンアイコンをクリックして表示される一覧に、”外出先”が作成されています。


先頭へ

閉じる